転職コラム&ブログ

コロナ禍の面接ではマスクを着用する?注意点と印象UPの秘訣 <転職コラムVol.072>

こんにちは、コンサルタントの溝口です。

先日のコラムでもあったように、Web面接の導入が一般的となっても、選考プロセスのいずれかで対面形式の面接を組む企業が多いのが現状です。
我々、コンサルタントとしても、一度は企業に訪問することをおすすめしていますが、そうなった時に気になるのは、「マスクの着用」についてではないでしょうか。
今回はここ最近、面接に同席させていただいた経験を踏まえ、コロナ禍において、面接の場ではマスクを着用すべきかどうか、マスク着用での面接の注意点、マスク着用でも印象を上げる方法について書きたいと思います。

 

❚ 面接ではマスクを着用すべきか

面接時のマスク着用は「企業や世間的な状況によってまちまち」というのが現状です。
2021年10月現在、私たちの感覚としてはほとんどの企業でマスク着用での面接が行われていますが、本来なら表情をしっかり見て面接したいというのが企業側の本音です。
様々な対策を行ってマスクを外した面接ができる環境を用意する企業もありますし、今後どの程度収束したらマスクを外すことが自然となるのか、そのあたりも不透明です。
不安になってしまうかもしれませんが、一番良いのは、入室後に「マスク着用のままでよろしいでしょうか」と確認することです。冒頭で確認をしておくことで、余計な心配をすることも、知らないところで評価を下げられることもありません。
むしろ、きちんと気遣いのできる方だ、という印象を与えることもできます。
転職エージェントを利用している場合には、面接の案内を受け取った際にエージェント経由で確認してもよいでしょう。

 

❚ マスク着用での面接の注意点

① 大きな声でハキハキと話す、最後までしっかり言い切る

マスクを着用していると声が相手に届きにくくなります。
これは、事実として押さえておきましょう。
それだけでなく、距離を長めにとったり、アクリル板を置く企業も増えています。
また、マスクをしていると口の動きを読み取ることもできません。
こうした背景から、例え面接官に聞き返されたとしても、慌てず冷静に対処することが大切ですが、最大の対策は「大きな声でハキハキと話す」こと、「最後までしっかり言い切る」ことです。
本来マスクの有無に関わらずに重要な点ですが、着用時はより強く意識しましょう。
最後までしっかり言い切るとは、「。」まで言い切るということです。
「〇〇なのですが…」「〇〇で…」と、日頃「…」で終わる話し方をしていないでしょうか。
口元が見えないことで続きがあるのかハッキリせず変な間が生まれたり、モゴモゴとした印象を与えることになりかねません。
加えて、数字やキーワードなど正確に伝えたいことに関しては、ゆっくりと話すよう心がけましょう。
 
 
② ハッキリ頷く

マスクがなければ「ええ」、「はい」と言った小さな声での相槌も相手には聞こえ、笑顔や「なるほど」といった表情からも、相手の話を聞いていることが伝わります。
マスクを着用することで、相手にそれが伝わらないことがあります。
話し手からすれば、反応がないときちんと伝わっているのか不安なものです。
話を聞いていないのでは、と思われてしまうかもしれません。これを避けるためには、ハッキリと頷くことが大事です。
逆にあなたが話していて反応がなく不安を感じるときにも、面接官のマスク着用でその反応があなたに伝わっていないだけだということも考えられます。
自信を持って話し切りましょう。
 
 
③ マスクをしていても笑顔を忘れない

先ほどの件と少し矛盾しますが、伝わらないこともありますが伝わってしまうこともあります。
表情が見えないから笑顔でなくてもいいだろうと思う方もいるかもしれませんが、目元には表情が出ますし、顔全体の動きでなんとなく相手には伝わることもあるでしょう。
笑顔やうなずきを含めて普段より少し意識し、大きくハッキリ反応をしておくことで、印象は良くなります。
 
  
④ マスクを外すように言われたら

マスク着用での面接が進んでいたとしても、一時的に「マスクを外して欲しい」と言われることもあるようです。
そのような時には指示に従い、マスクを外すようにしましょう。
企業側にも何か意図があってそうした指示をしていると考えられます。
いつマスクを外してもいいように、面接前には鏡を見て、男性であれば髭の剃り残しがないかチェックしたり、女性であればメイク直しなど準備をしておきましょう。
また、外したマスクはテーブルの上に置くことは不衛生なので避けましょう。
 
  
⑤ マスクは主張しないシンプルで清潔なものを

今のところ最も感染防止効果が高いのは不織布マスクだと言われています。
ビジネスシーンでもシンプルなものであれば黒や紺、布製やウレタン製のマスクを使用されている方もいらっしゃると思いますが、面接官は幅広い年齢層の方が担当されますので、変なところでポイントを落とすことがないように、白の不織布マスクが一番無難です。
汚れていたり、よれよれになったマスクは、どんなにスーツや髪型がビシッとしていても印象は良くないでしょう。

 

❚ まとめ

マスクを着用しての面接は、企業側にも応募者側にもデメリットがあります。
感染拡大を防止するためにはやむを得ないものですが、どんなデメリットがあるのかあらかじめ理解し、面接に臨むことでプラスに変えることもできるでしょう。
人生で転職の機会はそう何回もあるわけではありません。
ただでさえ慣れない転職活動の中で、昨年からイレギュラーな対応が迫られ、不安はつきませんが、些細なことでもお気軽にご相談下さい。

 


この記事を書いたコンサルタント:溝口  拓(Mizoguchi Taku)