転職コラム&ブログ

面接編:面接時のNGワード

こんにちはコンサルタントの種市です。
前回に続き面接対策、言いがちなNGワードについて。



「ワークライフバランス」「ブラック企業」
これ実はNGワードなんです。

 

例えば、「ワークライフバランス」。
月残業80h、毎日遅くまで働いている方が「ワークバランスを改善したいんです」というと、
企業側に この人は仕事より家庭を大事にしたい人なんだという印象を与えてしまいます。
異常に多い残業を少しでも減らしたいと考えていたとしたら大きく誤解を与えてしまいます。
ワークライフバランスとは面談の場でも良く聞きますが、
どういう状態がバランス取れているか全く定義されていない
「あいまい言葉」なのでこういったワードは要注意です。

 

「ブラック企業」も同様で、
何時間以上残業していればブラックなのか、パワハラがあればブラックなのか
これも定義されていないので現状を相手に伝える言葉としては不向きとなります。

 

使いやすい言葉なのでつい使ってしまう気持ちもわかりますが
相手に伝える際は正確に理解できる言葉を使うことがポイントです。

 

この記事を書いたコンサルタント:種市  一仁(Taneichi  Kazuyoshi)

 

---

前回までのコラム<面接対策>
一次面接編:「最後に質問ありますか?」の模範回答とは
面接実践編:志望動機はどう伝えれば良いか