転職コラム&ブログ

【残暑を逃れて気温18℃の癒し空間へ】竜ヶ岩洞にいってきました。 <リージョナルライフ/静岡暮らし Vol.048>

こんにちは。リージョナルキャリア静岡(運営:株式会社リンク・アンビション)
キャリアコンサルタントの竹田です。

皆様、まだまだ続く残暑いかがお過ごしでしょうか。
今回は、静岡暮らしの休日の楽しみ方を少しご案内します。

◆ 東海地方最大級の鍾乳洞「竜ヶ岩洞」



2億5千万年前の石灰岩地帯に形成された、総延長1000mを越える東海地方最大級の観光鍾乳洞。
新東名の浜松いなさICから自動車で10~15分程度と、
高速道路を使えば、静岡県中~東部や愛知県からも訪れやすい場所にあります。

中に入るととにかく「涼しい!」洞の中は年中気温18℃に保たれているそうで、
ひんやりした心地よさの中で散策を楽しむことが出来ます。



今回は家族で訪れたのですが、二人の息子は「洞窟だ!」「ダンジョンだ!」と冒険気分。
なんと本物のコウモリが飛んでいるエリアもあり、異空間にワクワクするのも納得。
「ミステリアスケイビングリゾート 竜ヶ岩洞」のキャッチコピーにも大きく頷けます。



中はこのような鍾乳石で構成されており、形や大きさもバラバラ。

小川のような場所があったり、一番の見どころである「黄金の大滝」では
洞窟の中に迫力満点の滝があったりと、見れば見るほど自然の神秘を感じる空間です。



「登竜門」という非常に幅が狭い通路があり、
そこを通れると願い事が叶うそうなのですが、
標準よりややプラス体型の私は、ドキドキしながらお賽銭を投入。
(ギリギリ)通過できました。


(出典:竜ヶ岩洞HP)

 

「喜びの窓」
ここが行き止まりか…と思った狭い狭いスペースの先に
現在の竜ヶ岩洞になる大きな空間が広がっていたそうで、当時の採掘場面が再現されていました。
出口の外にある展示館には、採掘から開園に至るまでの様々な写真が飾ってありましたが、
穴が開通した際の作業員の方たちの集合写真が印象的で、ビール片手に一人残らずいい表情。
職業に関わる仕事をしている身として、感慨深いものがありました。




(出典:マテリアHP)

鍾乳洞を存分に楽しんだ後は、
「静岡県のバスガイドさんが選ぶ、アイスクリームNo.1」のマテリアさんへ。
一番人気はホワイトクリームですが、見れば見るほどおいしそうなメニューがたくさんあるので、
私のオススメは、Wサイズを注文し、ホワイトクリーム+もう1品を楽しむこと。
帰りは、車を少し走らせれば、浜松餃子のおいしいお店や、
今や全国的に有名となったハンバーグのさわやかもあります。
まだまだ暑さの残るこの時期、涼しさの中でレジャーをたのしんでみてはいかがでしょうか。
 

ミステリアスケイビングリゾート
東海地方最大級の鍾乳洞「竜ヶ岩洞」
[営業時間]AM9:00 - PM5:00
[営業日]年中無休
[駐車場]無料(バス25台・乗用車500台)
[所在地]静岡県浜松市北区引佐町田畑193
[TEL]053-543-0108

 

 

この記事を書いたキャリアコンサルタント:

竹田 敬介
Takeda Keisuke
リージョナルスタイル認定コンサルタント
担当エリア:静岡、愛知
2008年に大学卒業後、広告代理店を経て、
2011年、株式会社マイナビに入社。
転職メディアの営業として、愛知県5年、
静岡県3年と東海エリアの中途採用支援に従事。
2019年からは教育研修事業部門の営業部長として、
国内大手企業への人材育成・組織開発の
コンサルティング営業を行うと共に、
自社組織のディレクションにも携わる。
2021年、静岡・愛知に
「人と組織の相乗効果で成果を生みだす」
組織を増やすことをミッションとし、
リンク・アンビションに入社。

 

 

静岡県に根差した転職支援を行う当社では個別転職相談会を定期開催中です。
実際に静岡県に住むコンサルタントがご相談に応じますので
漠然と今後のキャリアについてお考えの方もぜひお気軽にご相談ください。