転職コラム&ブログ

【静岡市】IAIスタジアム日本平へサッカーじゃなくて、ラグビーを見に行く。 <リージョナルライフ/静岡暮らし Vol.036>

こんにちは。リージョナルキャリア静岡(運営:株式会社リンク・アンビション)
コンサルタントの内田です。


私は清水生まれで、小学生から大学生までサッカー中心の生活を送ってきました。
今も週末は国内外のサッカーを一通りチェックしており、サッカー好きの部類に入ると思います。

しかし、先日サッカーではなく、ラグビーを観戦しに、IAIスタジアム日本平に行ってきました。
清水っ子の自分にとってはとても新鮮な感覚です。





 

当社のロゴが入った入場ゲートをくぐると、



オフィシャルショップや、
飲食ブースが出ており、かなり賑わっていました。
(弊社はプロラグビーチーム「静岡ブルーレヴズ」の
シルバーパートナー企業(スポンサー)としてサポートさせて頂いております。)
小さな子供を連れたファミリーから、
レプリカシャツを着た熱の入ったオールドファンまで、幅広い年齢層の観客が訪れています。



メインスタンドからは雲が無ければ富士山と駿河湾が一望できます。
この日は少し雲が邪魔して見えませんでした。





サッカーファンには有名ですが、
このスタジアムの一番のポイントは完ぺきに整備されたグリーンのピッチ(芝生のグラウンド)です。

Jリーグベストピッチ賞9回受賞(最多)を誇ります。
試合前日まで雨が降っていたものの、ラグビーの試合中、激しいぶつかり合いの中でも芝が捲れたり、
穴が開くようような事は無く、フカフカの状態を試合終了までキープしていました。









結果は 静岡ブルーレヴズ、1点差で惜しくも敗退でしたが、
どちらが勝ってもおかしくない接戦の試合は見応えがありました。



2019年に日本を沸かせたワールドカップに日本代表として出場し活躍された 
稲垣啓太選手(写真中央)の姿も。
ラグビーの試合は正直初めての観戦でしたが、一番印象的だった事は、
観客の方々が何気ないワンプレーでも、拍手したり溜息が漏れたり、ラグビーを熟知している方が多かった事。



かつてサッカー王国と言われた静岡県ですが、ラグビー人気もじわじわと広がってきている事を実感しました。
静岡県内には、プロスポーツチームがなんと7チームもあり
(サッカー4チーム、バスケットボール2チーム、ラグビー1チーム)
温暖な気候も関係してか、スポーツの盛んな地域です。
休日にサッカー、バスケ、ラグビーといろいろな観戦ができるのも静岡暮らしの楽しみ方の一つかもしれません。

 

清水日本平運動公園球技場・庭球場(IAIスタジアム日本平)

〒424-0926 静岡県静岡市清水区村松3880-1
TEL. 054-335-5111

 

 

この記事を書いたコンサルタント:


 
内田 康太(Uchida Kouta)
 
リージョナルスタイル認定コンサルタント
担当エリア:静岡
1982年、静岡市(旧清水市)生まれ。
大学を卒業後、産業用機械メーカーに技術営業として入社。
その後、株式会社リクルートに転職し、採用広告領域の経験を積み、
チーフ職としてマネジメント業務も経験。
東京都内で販促系広告会社の立ち上げに参画した後、静岡にUターン。
メディア運営会社で事業部長として営業企画、
メディア運営、収益管理、自社採用業務に携わる。
2018年、株式会社リンク・アンビションに入社。

 

実際に、スポーツ観戦をして休日を過ごしている社員の観戦リポートもありますので
宜しければご覧ください。

【磐田市】プロラグビーチーム「静岡ブルーレヴズ」観戦記
ベルテックス静岡を応援しに『Bリーグ』初観戦!





静岡県・愛知県に根差した転職支援を行う当社では
個別転職相談会を定期開催中です。

実際に静岡県・愛知県に住むコンサルタントがご相談に応じますので
漠然と今後のキャリアについてお考えの方もぜひお気軽にご相談ください。