転職コラム&ブログ

国の資格取得支援/20%~最大70%の補助【教育訓練給付制度】とは

こんにちは、株式会社リンク・アンビション(リージョナルキャリア静岡・愛知)のスタッフ小林です。

みなさんは、教育訓練給付制度をご存知でしょうか?

厚生労働省が行う資格取得に関する支援制度で
対象コースによって補助額は異なりますが、20%~最大70%の補助があります。

雇用保険の加入期間が支給条件となっており、通常の企業にお勤めであれば、実は対象となるケースが多い制度です。
今回は制度概要や対象者、補助額について簡単にご紹介します。

■どんな制度?
資格取得のための予備校通学や、通信教育の受講等に関して、
厚生労働大臣の指定講座であれば、負担した受講費用の一部が支給される制度。


大きく分けて3つに分かれています。
①一般教育訓練
→TOEICや簿記、ITパスポート、施工管理技士など幅広い資格が対象

②特定一般教育訓練
→税理士、弁理士、行政書士、通関士、電気主任技術者、自動車整備士などの業務独占資格や
ITSSレベル2以上のIT関連資格が対象。

③専門実践教育訓練給付制度
→より中長期的なキャリア形成支援を目的としており①②より補助率が高く設定されています。
キャリアコンサルタントや看護師、栄養士、測量士補などの業務独占資格や
大学・大学院・専門学校課程、ITSSレベル3以上のIT関連資格が対象

■どれくらい補助される?
制度によって補助率が異なります。
①一般教育訓練
→20%の補助 最大10万円

②特定一般教育訓練
→40%の補助 最大20万円

③専門実践教育訓練給付制度
→50%の補助 年間上限40万円
※さらに資格取得後1年以内に就職すれば
20%の追加支給があり、最大70%(年間上限56万円)の補助

■対象者は?
支給を受けるためには下記を満たす必要があります。

●受講開始時点で雇用保険の加入期間が3年以上ある
※初めて申し込む場合は加入期間の条件が緩和。
①一般②特定一般→1年以上 ③専門実践→2年以上

●離職中の場合は、離職後1年を経過していないこと
※妊娠、出産、育児、疾病などやむを得ない理由がある場合は受講開始を最大20年まで延長

●対象講座の修了要件を満たしていること

■対象講座について
上述の資格取得に関わるものなど、4,000以上の講座が指定されています。
厚生労働省の検索システムで検索できます。

■申請方法
①一般教育訓練
→【受講後】終了日から1カ月以内にハローワークへ申請。

②特定一般教育訓練
③専門実践教育訓練給付制度
→【受講前】ハローワークなどでキャリアコンサルティングを受け、受講開始1カ月前までに受給資格確認が必要
【受講後】終了日から1カ月以内にハローワークへ申請。

■注意点
・1度受給すると3年間は申し込むことができません。
・支給額が4,000円に満たない場合は支給されません。

※上記情報は2022年4月時点のものです。
 最新の情報は厚生労働省のHPをご確認ください。

ご紹介は以上ですが、
制度の存在を知らなかったという方も多いのではないでしょうか。

「受けたい資格があるが、お勤め先で資格取得支援がない」
「自分自身で資格取得をした上で、転職を検討している」といったケースに
活用いただくとよいかもしれません。

当社にもこの制度を活用して国家資格キャリアコンサルタントの取得をした社員がいるほか
TOEICのスコアUPのために制度を活用した社員もいます。
また、私自身も個人的に社労士資格取得に向けて講座を受講中です。
個人に対してはもちろん、
企業にとっても知っておくと役立つ制度だと思います。

静岡県・愛知県に根差した転職支援を行う当社では
個別転職相談会を定期開催中です。

実際に静岡県・愛知県に住むコンサルタントがご相談に応じますので
漠然と今後のキャリアについてお考えの方もぜひお気軽にご相談ください。