転職コラム&ブログ

静岡へのUターン転職を勧める理由 <転職コラムVol.057>

こんにちは コンサルタントの伊藤です。
日頃、Uターンの転職をお考えの方のサポートをさせて頂いておりますが、私自身もUターンの転職をした経験があります。

私は静岡県で生まれ育ち、大学から県外に出て、東京で就職をしました。
全国に支店のある会社でしたので、その後地元の支店に異動となり静岡で働く事が出来ました。
今思い返せばラッキーでしたが、当時は東京に友人も多くいた為、地元静岡に戻る事に対して特に嬉しいという感情はありませんでした。

そして今ですが、静岡で暮らすことが自分にとってはとても大切だと思うようになりました。
今回は、その理由についてお伝えしたいと思います。
Uターン転職を考えている方や迷っている方の参考になりますと幸いです。

❚  仕事について
私は7年前に今の会社に転職しました。仕事の満足度は大変高く、楽しく毎日を過ごせています。
働いてみて思う事は、充実して仕事をする上で大事な事の一つに、一緒に働く仲間の存在があります。
私は社内で最年長なのですが、年下の仲間から学ぶことも多く日々刺激を受けています。
中途入社が多い為、様々な業種を経験した社員が多く、色々な価値観に触れる事が出来ます。
仕事を選ぶ際、仕事内容や待遇も大事なポイントです。
私が今の会社を選んだのは、事業内容に共感したことが一番ですが、「元リクルートのトップセールスが集まって創った会社」という話を聞き、純粋に興味が湧き仲間に入りたいと思ったものでした。
全国どこに転勤するか、いつ辞令があるかもわからず、妻の仕事や子どもの環境が変わってしまう可能性などを心のどこかで気にしながら生活していた頃は、なんとなく地に足がついていないような気がしていました。
今は転勤のない地元の企業で働けているので、家族の環境変化の心配もなくなり人生設計もしやすくなりました。
私生活面への安心感があるので、より一層仕事に打ち込めていると感じています。





❚ ライフスタイル
私はインドア派でもアウトドア派でもなく、至って普通の暮らしをしています。
「静岡には海あり山あり、空気が綺麗で、新鮮な食材も豊富」みたいな話を聞くかもしれません。
確かにその通りだと思います。ただ、私は海にも山にも殆どいく事がありません。
子供が中学生で一緒に出かける機会が減ったこともありますが、それにしても自然を満喫する事は皆無です。
何故かと考えてみると、住んでる場所そのものが自然に囲まれている為、敢えて山に行こう、海に行こうと思わないのかもしれません。
ただ、「行こうと思えばいつでも行ける」この絶妙なバランスを実現する場所が静岡なのかなと思ったりしています。
わざわざ山や海に遊びに行く、山の幸・海の幸を食べに外食する、などせずとも、周辺環境に自然があり、食卓には地産の食材が並んでいるというのが静岡での日常です。





❚  地域とのつながり
地方暮らしで思い浮かぶことの一つに、近所付き合いや、地域行事への参加が煩わしいと考える方もいるのではないでしょうか。
しかし実際に暮らしていて、煩わしさを感じる事はほとんどありません。
お子様がいる家庭は、子ども会の行事、登校時の見守り当番などがあります。
私の住む地域を例に挙げると、公民館の掃除や草刈りなど、年間で4~5回行事があります。
頻度としてはこの程度なのでそこまで負担だとは感じません。
近所との繋がりも一昔前に比べるとだいぶ淡白なものになったように感じますが、近所の人たちと顔見知りになっているということは、安心して暮らすことができているひとつの要素でもあると感じます。




❚  子育て
子どもの様子を見ていると、伸び伸び育っているように思います。
教育熱心なご家庭では私立の小学校に通わせることもあるようですが、我が家では学区内の小学校から中学校に進学してきました。
友達も沢山いるようで、学校生活、部活動を満喫しています。
私も何年か前は「進学校が多い地域で子育てをした方が選択肢も多く、競争心も生まれて良いのでは」と考えた事もありましたが、今では現状で満足しています。
多様な集団の中で、自然を身近に感じながら学び、心にゆとりを持って育つことの重要性を感じています。
あとはもう少し学業に邁進して欲しいというのが本音ですが。

❚  まとめ
私自身の暮らしを思い返しながら書いてみましたが、総じて充実していると改めて感じました。
私は休日には地域のサッカースクールで小学生の指導に関わらせて頂いています。
最近は、地域の子供たちの成長に微力ながら貢献できている事がとても嬉しく感じるようになりました。
仕事、地域との繋がり、家族、ライフワーク。
時間はかかりましたが、Uターン転職をする前や、Uターン転職をしたばかりの当時よりも、今の方が確実に充実してきている感じがしています。
自然に囲まれてゆったり暮らしたい、のびのび子育てをしたい、UターンIターンの目的は様々だと思います。
移住してすぐにすべての満足度を上げる事は難しいと思います。
せっかく地方暮らしをするのであれば、ゆったりと地域に溶け込み、自分自身のライフワークを見つけていくと幸福度が上がるような気がします。

静岡での暮らし方についても実体験を交えてお話が出来ますし、これまでの求職者様のUターン転職の事例などお伝えできることもありますので、お気軽にご相談ください。

■この記事を書いたコンサルタント:伊藤  雅隆(Ito Masataka)




静岡県へのUターンをお考えの方向けの<無料個別転職相談会>開催中(Web または 電話)
静岡市・焼津市・藤枝市を中心とした『静岡県中部』で働きたい方
沼津市・三島市・富士市を中心とした『静岡県東部』で働きたい方
浜松市・磐田市・掛川市を中心とした『静岡県西部』で働きたい方