転職コラム&ブログ

転職活動におけるコロナ前とコロナ禍の違い  <転職コラムVol.042>

転職活動はただでさえ不安で分からない事だらけなのに、
コロナ禍で転職活動を進める事に大きな不安を抱えている方も多いのではないでしょうか?
コロナ禍での転職は苦労する?進め方はどう違う?など、
実際に転職面談の現場で良く質問を頂く2点についてピックアップしてご紹介します。

 1.求人案件は減ったのか?

2020年秋に弊社が静岡県の企業に行った調査では、
「今後の採用見通しは、採用数を増やす(7.0%)、
同数の採用を続ける(52.2%)が全体の約59%を占めている」という結果でした。
企業の中途採用意欲は決して低くないと言えると思います。
(参考資料:「【リサーチ】コロナ禍における静岡企業の求人動向調査」)

但し、静岡県の有効求人倍率は6か月連続で1倍を割り込んでおり、
求人数全体として見ると厳しい状態(減少)と言えますが、
夏を底辺に回復傾向に推移しておりますし、
上記調査結果にもあるように、
即戦力人材として活躍が見込める方を採用したいという企業の意欲は依然として高い状態が続いてます。
また、日々現場で企業と接している我々の感覚としては、
コロナ後を見据えて、年明けから更に積極的に優秀な即戦力人材の採用を開始、
または採用枠を拡大する大手企業が増加している印象です。



 

 2.選考フローは変わったのか?

2020年の春ごろからリモート面接が導入され始め、
企業側もリモート面接に慣れてきており、
一次面接はリモート、最終面接のみ対面面接という企業が大多数です。
中には全てリモートで選考を完結する企業も出てきています。
対面面接と勝手が違うので、面接前に事前準備が必要となりますが、
求職者側の移動コストは大幅に削減されたと言えます。

一方で注意点としては、
対面での最終面接までの健康観察記録や県外移動記録の提出が必要となる企業も有る為、
日ごろから体調変化には気を配る必要が有ります。
面接日の直前に感染流行地域に出かる事は避けた方が無難です。
また、企業によっては管理部門(人事等)がフルリモート勤務を導入しているケースも有り、
その場合は書類選考や、日程調整等に通常よりも時間を要する事も見受けられます。

 



 

現在、各都道府県によって感染状況が大きく異なる等、
国内でも地域ごとで企業の対応も変わってくる可能性が有ります。
より詳しく静岡県の企業の情報が知りたいという方は
是非、静岡県を専門で扱う弊社にご相談下さい。

 

転職・キャリアについての無料個別相談を行っています


転職についてご相談したい方
中長期でキャリアや転職について考えたい方

 

この記事を書いた人:リージョナルスタイル認定コンサルタント:内田 康太