転職コラム&ブログ

コロナ禍での転職事情 <転職コラム Vol.041>

こんにちは、コンサルタントの花木です。

新型コロナウイルスが活性化している中、
「転職を考えているがどうしたものか」
と考えられる方も多いのでは?と思います。

今回は新型コロナウイルスによって転職市場がどうなっているのか、お話をしたいと思います。

コロナ禍での求人推移





上記のようにリーマンショック時と同様に最初は大きな下落をしましたが、
その後はほぼ横バイであり
体力のある企業は変わらず積極採用をしておられます。

愛知は数字的にも有効求人倍率が 1.0 を超えており、
一部の企業では組織の強化を図るべく
管理職層の採用に力を入れておられます。

この傾向は特に財務基盤のしっかりとした小回りの利く中小企業に顕著にみられます。

愛知は自動車業界が強く、トヨタグループに注目されがちですが、
リーマンショック時の経験を踏まえ、
体力をしっかりと蓄えた中小企業もたくさんあります。

不況というのはマイナスに見られがちですが、
体力のある企業を見極める機会でもあると思います。

転職市場についてのご質問も受け付けておりますので、
ご相談お待ちしております。





この記事を書いた人:花木 晃(Hanaki Akira)