転職コラム&ブログ

静岡県内の優良企業の探し方  <転職コラム Vol.040>

こんにちは、キャリアコンサルタントの原口です。

最近、特に静岡県内の優良企業の探し方について質問を受ける機会が増えてきました。
本来は自分自身の物差しで優良企業を判断してもらうのが一番いいですが、
私が静岡県内の企業様より求人をお預かりする際に確認している
5つのポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

会社選びで欠かせないのは客観的なデータ・情報の収集です。

求人をお預かりする際に企業に確認している< 5つのポイント >

━━━━━━━━━━━━━━━
1、財務状況
━━━━━━━━━━━━━━━
いい会社を選ぶときに大切なことは「もうかっているか?」です。
会社にとって経営状態を表す財務状況は客観的に評価できる成績表です。
数字は嘘をつかないと言われますが、財務諸表や四季報は嘘をつきません。
売上の推移や利益率、借入、自己資本などは、ぜひ確認しておくとよいでしょう。
確認方法は、IRや財務諸表、四季報など。
また中小企業など情報を開示していない会社は、
静岡県の会社要覧や帝国データバンクなどの外部評価も活用しています。
規模は小さいものの税引き前利益が毎年30%を超える高収益企業なども静岡県には存在しています。

▼決算書以外で企業情報を確認するツールの一例です。
弊社からは、経営者の志向や、社風、財務体質など、求人に載っていない情報をお伝えできる場合があります。





 

━━━━━━━━━━━━━━━
2、シェアの高い商品・サービス
━━━━━━━━━━━━━━━
ここでいうシェアとは市場においてある企業の商品・サービスが
どれくらいの割合を占めるかの比率のことです。
静岡県には大企業はもちろんですが、
中小企業でもTOPシェアを持つ企業が多く
他社が真似できない技術が強みのメーカーが多数あります。

━━━━━━━━━━━━━━━
3、成長性
━━━━━━━━━━━━━━━
売上や収益は増えているか、企業として大きくなっているかです。
成長している会社は商品・サービスが顧客から受け入れられています。
受け入れられていると「売上高」「経常利益」「営業利益」
「総資産」「純資産」「従業員」の6つの数字も伸びていきます。
直近のものだけではなく過去数年分のものとの比較や同業他社のものとの比較も行ってみましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━
4、社員の平均年収
━━━━━━━━━━━━━━━
厚生労働省が行う賃金構造基本統計調査2019では、
静岡県の平均年収は469万円で全国16位となっております。
また、年齢・性別の平均年収も記載されているサイトもありますし、
上場企業は全体の年収の中央値も開示されているので
事前に確認し世間一般の水準や傾向を知っておきましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━
5、離職率
━━━━━━━━━━━━━━━
社員の定着も一つの基準として持っておくとよいでしょう。
人によりどこを価値に感じるかの判断基準はそれぞれですが、
離職率の低さは休日や残業などの労働環境の良さを意味することも多いのが事実です。

 

※その他、参考までに
・残業が多いため夜遅くまで電気がついている。
・年収が低いため会社の社員駐車場には軽自動車ばかり
・求人やHPでアットホームな社風、やりがいある仕事といった抽象的な言葉を多用
・会社説明やHPの中で、やたらと根拠のない精神論を強調している
・社長や役員が偉そうな態度、高圧的な態度、理不尽な言動 など

上記のような特徴がある会社には注意が必要です。

静岡県の事業所数は、172,031カ所、上場企業は51社 ※全国10位です。
また、県民総生産も10位。
シェア日本一・世界一を誇る企業や
急成長中のベンチャー企業など、
地方都市の中では多くの優良企業がある魅力的なエリアです。

地方都市では比較的に選択肢も多いエリアですので、
ご自身の物差しにプラスして、
上記5つのポイントも会社選びの参考にしてください。

 

最後に

キャリアコンサルタント国家資格を所持した
静岡に詳しい静岡在住のコンサルタントが
あなたの大切なキャリアのご相談に乗ります。
静岡県への転職をご検討されている方は、
地域密着でダントツの静岡県本社企業の求人をお預かりしている
弊社へぜひご相談ください。





この記事を書いた人:原口 翼(Haraguchi Tsubasa)