NEWS

移住前に知りたい静岡県のこと(静岡県西部エリア編) <静岡・愛知の転職コラム Vol.035>

こんにちは、コンサルタントの池戸です。
『移住前に知りたい静岡県のこと』をテーマに続けていますが、
今回は静岡県西部エリア編です。

【過去記事】
・導入編(https://linkambition.jp/column025/)
・静岡県中部エリア編(https://linkambition.jp/column029/)

静岡県西部エリアの概要

静岡県西部エリアは遠州とも呼ばれ、
政令指定都市である浜松市を中心に磐田市、袋井市、掛川市、湖西市、森町などを指します。

世界に名を馳せる自動車・バイク・楽器などのメーカーが多数拠点を置く、
日本有数のものづくりエリアです。
JR、天竜浜名湖鉄道、遠州鉄道といった各路線がありますが、
通勤に自家用車を利用する方が多く、
特に浜松市内の道路は出退勤時間が特に込み合う可能性がありますので、
移住や転職前に通勤経路を確認してみることがおすすめ。

各市町の位置関係は下記地図を参考にしてください。
下の地図も見るとわかりやすいですが、
浜松市からですと愛知県東部も十分通勤できるエリアですので
求人を探す際の参考にしてください。

静岡県西部の特徴

静岡県西部・遠州は東京と大阪のちょうど真ん中に位置し、
江戸時代の東海道整備などにより人の往来が多く経済が発達してきたエリアです。
このエリア発祥の世界的企業も多く、
楽器、バイク、自動車関連産業を中心にものづくりが盛んです。
また寺社や史跡も点在するなど、のどかな風景と歴史的情緒を感じる地域でもあります。
働きながらもゆったりとした暮らしをしたい人におすすめです。

2017年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』の主人公、井伊直虎にゆかりのある
龍潭寺や遠州三山など寺社が多く、私も御朱印集めにこのエリアへよく行きます。
特に法多山、油山寺、可睡斎を総称した遠州三山がおすすめで、
桜や夏の時期に開催される風鈴祭りなど四季を通して魅力的な場所です。
移住を考えている方は一度観光で訪れて、このエリアの魅力を感じてみるとよいかもしれません。

------
★静岡へのU・Iターンを検討される方はこちらをチェック
 リージョナルキャリア静岡
 https://rs-shizuoka.net/
 
★静岡へのU・Iターン転職・キャリア相談会(無料)
 https://rs-shizuoka.net/career/


 
この記事を書いた人:池戸 岳(Ikedo Gaku)
池戸のプロフィールは参考サイトURLをご覧ください。